クロマラさんのH体験

電マでイキまくり


玄関 → HOME → ちょっとHな体験レポート → クロマラさんのH体験

ちぇみーさん、はじめてメールします。

大分前からちぇみーさんのサイトを楽しませてもらっていますが、この度、自分のH体験も投稿させてもらおうかと思い、メールしました。

取りあえず、HNはクロマラにしておきます。


僕は30代の所謂、独身貴族というやつで、そこそこ給料も上がってきたせいで、余裕もでき、独身生活を謳歌しています。

マジカノと言える女性は居ないのですが、居酒屋でナンパしたり、合コンで知り合った女性と大人のお付き合いをしたり、ネットで女性を物色したりしています。

そんな中で 出会い系出会い系サイトで知り合った19歳、フリーターのKちゃんは、これまで出会い系で知り合った女の子の中ではピカイチと言って良い程可愛く、本人自体もH好きなのが気に入っています。

彼氏と別れたのがきっかけで出会い系サイトに登録したそうで、知り合ってからHする関係になるまではすぐでした。

可愛い顔で感じている顔をしているのを見るが何とも言えない快感なのですが、彼女はクリ派らしく、残念ながら、挿入そのものではイカないのです。

一人で居る時はローター・オナニーをしているとのことで、「オナニーだとすぐイッちゃうんだけど…」と言っています(何となく惨めな僕…(TT))。


そんなささいな不満はありましたが、可愛いし、フェラチオなんかも上手な彼女とのセックスを楽しんでいましたが、やっぱり男たる者、相手の女性をイカせたい!イクところが見たい!と思っていました。

そんな時、友人の一人がカリビアンコムでDLしたAVが入っているUSBハードディスクを借りたのですが、AV女優も意外に本番ではイッていなくて、手マンやバイブなどでイッている場合が多いなと感じました。

そんな中で、特に電マでイキまくっている女優に興奮を覚え、「自分も買ってみよう!」という気になったのです。

善(?)は急げ!とばかりに早速、ネットでラブコスメティック電マを購入。次にKちゃんとHする時を楽しみにしていました。


電マが届いた後のKちゃんとのデート。昼間からラブホに入った僕は、Hの前に「これ買っちゃった♪」と冗談っぽく言いながら、それを見せました。

「やだー!クロマラさんのHぃ〜!」

なんか、ドラえもんのしずかちゃんみたいな台詞を言うKちゃん。でも、幸い軽蔑の眼差しではなかったので、内心少し不安だった僕は、心の中でほっと胸を撫で下ろしました。

シャワー前に悪戯でKちゃんを襲って、パンティの上から電マを押し当てると、「ダメ!ダメだよぉ!パンツ濡れちゃう〜!」なんて言うので、「じゃあ、パンツ脱いじゃおうよ」と言うと、「ダメ。先にシャワー浴びようよ」と言うので、素直にそれに従い、浴室へ。

お互い洗いっこした段階で僕のムスコはもうビンビン。普段ならここで、キスをしたり、クンニしたりするのですが、この日は電マの威力を早く試したくてさっさと浴室を出てベッドに行きました。


キスから始めて、おっぱい、脇腹…そしてアソコと舌を這わせていくうちに、元々H好きな彼女は「ハァハァ…」と、Hな喘ぎ声を上げ始めます。

彼女の足を大きく広げた後、そばに置いておいた電マのスイッチを入れ、彼女の股間に…。

彼女の方も好奇心が有ったのか、前戯で感じちゃっていたからなのか、何も言わずにそれを受け入れてくれました。


最初は太もも辺りから近づいて行き、そのうち小陰唇に当てるとビクン!と反応します。さらにクリトリスに当てると、大きく仰け反るようになりながら、「あぁーっ!ソコダメぇ〜っ!」と凄い声を上げます。

面白くなった僕がクリトリスに押し付けるようにしたり、ローリングさせるようにすると、「あーっ!あーっ!やばいっ!あーっ!あーっ!」と、絶叫に近い喘ぎ声です。

流石に今までのセックスで彼女がこんな反応を見せたことはありませんでした。

さらにそれを続けると、「あーっ!!あーっ!やばいっ!やばいっ!イッちゃう!イッちゃうぅぅぅ〜っ!」と叫びながら、急にこんなにと思う程のけぞって、ビクンビクンと全身を痙攣させながらオルガスムスに達してしまったようでした。


初めてKちゃんがイクところを見たわけですが、あまりの凄い反応に驚いてしまいました。

おまけに彼女のお尻の下のシーツはビショビショです。いつの間にかそうなっていたので、潮でも吹いたのかどうかもわかりませんでした。

「イク時、凄いんだね…」と言うと、「いつもこんなにはなんない…電マって凄い…」とのことでした。

こんなエロい姿を見せられた僕はもうたまりません。ビンビンになったムスコをなだめるべく、彼女とのHを始めようとすると、彼女が息も絶え絶えに、「待って…待って。すぐに出来ない…」と言います。

仕方無いので、少し休ませてあげると、彼女がフェラチオを始めました。

既にビンビンで先走り液を先端からほとばしらせていた僕は、彼女の舌が亀頭にまとわりつく度にあまりの気持ち良さで思わず呻き声を上げていました。

すると彼女が突然、僕のムスコの根本を握って、電マを手に取り、亀頭の裏側に押し当ててました。

その強い刺激にひとたまりもありません。僕は僅か数秒でザーメンをほとばしらせていました。


「やーい、もうイッっちゃってんの!(笑)」とからかう彼女。

流石に数秒で発射してしまっては、彼女にからかわれても苦笑いしかできませんでした。(A^^;)

しばらく休んだ後、再度のセックス。

さんざん前戯で彼女を悶えさせた後、僕はスキンを装着して彼女の中に突入…しましたが、やっぱり彼女をイカせることができずに撃沈しそうに…そう、いつもなら、自分だけ撃沈なのですが、この日は近代兵器があるのです(笑)。

途中から電マで彼女のクリを刺激しながら抽送を繰り返していると、「あぁぁぁ〜っ!ダメぇ〜!イッちゃう〜!」と言って、彼女がオルガスムスに達しました。

そのエロい姿に興奮した僕も2発目を発射。大満足でした。

その後も電マを使ったり使わなかったりでセックスしていますが、これがきっかけになったのか、ちぇみーさんの講座を読んだ僕のアドバイスが効いた?のか、最近、騎乗位でクリトリスを僕の恥骨に擦りつけるように動いていた彼女が、僕の上で自らオルガスムスに達していました。

それからは僕のクロマラ(笑)自身でもイッてくれるようになりました。

そんなわけで今、充実したセックスライフを送っています。



避妊コンドーム

クロマラさん(このハンドル…^^;)、電マを使ってのH体験記投稿ありがとうございました。

ラブコスメティック電マって、そんなに凄いんですかね…私も買ってみようかな?(笑)

でも、一度セックスでイクというのを覚えると後は…という話はよく聞きますね。自転車に乗れるようになったり、泳げるようになるのと同じなのかな?(笑)

クロマラさんのクロマラ?でイケるようになって良かったですネ。


From ちぇみー



ちょっとHな体験投稿ちょっとHなちぇみーのお部屋