香苗さんのH体験

出張先で知り合った年下の男性


玄関 → HOME → ちょっとHな体験レポート → 香苗さんのH体験

45歳 独身 九州住みの香苗です。

こんな年齢になって、あんな体験をするとは思いませんでした…ただすごく今でもドキドキして、思い出すとアソコが熱くなるような…誰かに聴いてもらいたくて投稿します。


1年程前に東京へ出張した時の話。出張の目的も無事終了し、上司(女性です)と共に夕食へ。

九州への戻りは明後日なので明日1日はフリーでお互い単独行動の予定にしました。

食事も落ち着いた頃、上司はトイレへ。その3分程の時間が後にあんなことになるなんて…。


上司がトイレに立った後、一人の男性が私たちのテーブルへ。

「いきなりすいません。今日、明日いつでも連絡ください。正直一目惚れです」この言葉と名前・TEL番号のかかれたメモを残し男性は去っていきました。

男性はまだ20台??私より遥かに若く、そして可愛い感じで私の好みでした。

ホテルに戻りメモを見つめる私…ドキドキしてました。

怪しいと思いながらも携帯を握る私…夜10時ついに彼にCALL。優しい感じの声で出てくれました。

まずはお互いに自己紹介、わたしは出張で来てることを話しました。15分くらい話してると彼から今から会いたいと言われ、聴かれるがままにホテルと部屋番号を伝えました。


私は自然とシャワーを浴びてました(思い出すと恥ずかしいし)。

30分後ノックが…彼が来ました。部屋に招き入れ、彼はベッドに腰かけて、わたしは自然と彼の横へ。

他愛のない会話を始めてどのくらい経ったか…彼は自然にわたしの手を握ってきました。私も自然と彼に身を寄せて…そこからは互いに言葉なく…キス…。

あろうことか私から舌を彼の口内に挿入、絡めていってしまいました。

何年もしていなかったキスは凄く熱くて、私を昂らせていきました。

漏れる吐息、彼の唾液を欲する私…溜まっていた性欲が爆発したようでした。


彼が胸に手を当てたその瞬間に私の身体を電気が走りました。

同時にアソコから多量に愛液が溢れたのがわかりました。

互いに身体を求めあい、ついに裸に…。

私は夢中で彼を愛撫…彼の袋を優しく口に含み、ペニスを手で…彼もまた我慢汁を出していました。

私はそれを丁寧に味わうように舐めました。

ペニスをくわえ、夢中でしゃぶる私…同時に自分でアソコを触る私…それに気付いた彼はクンニを。再び電気が身体を走りました。

いよいよ挿入…しかしゴムはありません。

彼は無理しなくていいといってくれましたが、私が入れないと無理でした…。

生での挿入…互いに腰を動かし、声を出し、何度も体位を変えながら、最後は私の口に出してもらいました。


全てが終わり時刻は2時…互いに別れたくなくて、そのままラブホテルへ。何十年ぶりでしょう…一緒にお風呂へ。そしてまた身体を求めあい…。

朝となり退室。

二人とも今日はフリーということでデートに。

しかし結局身体を求めあうことばかり…数件のホテルをはしご(笑)。

すごい出張になってしまいました。


その後連絡をとりあうことはありませんでした。

そして先日、なんと彼から電話が。彼が出張でこちらにくることになったのです。

当日会う約束をしました。


そして当日、ランチを食べ、カフェでお話…正直私は1年前のことを思い熱くなっていました。

私は思いきってホテルに誘いました。彼も同じ気持ちだったようでした。

ホテルに入るなり彼のペニスをくわえました。

昨年より大きく感じ私の興奮は最高潮に。

そうしてまた45歳にして再び女を感じることができました。

彼以外とのセックスは考えられません。今も熱くなったアソコを彼に…なんて考えてしまってます。

長文で文才なくてすいませんでした。



使用済みコンドーム

香苗さん、出張先で知り合った年下の男性とのH体験ありがとうございました。

ご主人とかのお話が出てこなかったので、独身なのかなと思い、不倫体験ではなく、H体験の方に掲載しました。

出張先で若い男性と知り合い、めくるめくセックスの快感…うらやましー!(笑)


From ちぇみー





ちょっとHな体験投稿ちょっとHなちぇみーのお部屋