まりやさんのH体験

夏の海の開放感と秘め事感


玄関 → HOME → ちょっとHな体験レポート → まりやさんのH体験

はじめまして。初投稿です!読んで頂けたら幸いです^ ^

いつもちぇみーさんのサイトをみてムラムラしております。

私のひと夏の思い出をお話したいと思います!

私はライフセーバーなんです。といっても大学のサークルでやっていてのですが、2年生の時です。一つ下の後輩Sくんのことを可愛いなと思ってはいたのですが、仕事仲間なので特にそれ以上は思っていませんでした。

夏は男女一緒に一つ屋根の下で生活します。重労働ですし、この生活が1ヶ月近く続きます。


ある日、消灯時間ギリギリにSくんが宿から出て行くのが見えました。

どうしたのかなと思って少し後をつけるとどうやら海に行こうとしてるらしく、「どうしたの?そろそろ消灯時間だよ?」と声をかけてみました。

「あちゃー!見つかったか!」なーんて、少しおちゃらけます。

でもしんどい気持ちがよく分かるので、「少しのんびりしたいんでしょ?黙っておいてあげるから一緒に海見よっか?」と言うと、びっくりしたような顔して、「同罪ですね」なんて、いたずらっぽく笑いました。

正直きゅんとしてしまいました。背はそんなに高くないけど少し猫っ毛で筋肉も程よくついてるSくん。笑うと子供みたい。だけど愛想笑いも多くて私はなんだか放っておけませんでした。


海についてその辺に座りました。

「疲れたでしょ?私もよく1人で海くるんだー。何かあった?」と聞くと、「まりや先輩でもそんなことあるんすね。なんか人付き合いに疲れちゃって。1人になりたくて…」と、真面目な話をする横顔にドキッとしたのは秘密です!(*^^*)

「よしよし!そんな時もあるよ。もっと気楽にやろ?ね?」と、無意識に頭を撫でながらSくんに言いました。

すると、「俺だってガキじゃないんすよー。先輩。」と、すこし頬を赤らめて言いました。

でも、その後、「はぁー俺かっこ悪。まりや先輩にこんなとこ見られちった」と拗ねたように体育座りをしました。

「何言ってるの!逆に私はSくんの素を見れて良かったよ?かっこ悪くなんかないよ」と顔をのぞき込む。


「俺、まりや先輩が好きなんです。」

「へ?」

「頼りないかもしれないけど俺じゃダメすか?」と真剣な顔にまたどきっ!

「…ダメじゃないよ…私も好き」と、心の声が出ていました。

「ほんと!?いよっしゃ!!」と喜ぶ彼。

「ふふ、子供みたい」と言うと、ぐっと顔を近づけて、「もう子供じゃないんすよ本当は!」といって優しく私の唇を人差し指で触りました。

「っ…///」と、顔を赤らめた私に、「かわいいよ」とささやき、そっとキスをしました。とても優しいキスでしたがとろけそうなキスでした。


その後、手を繋ぎ色々話をしていると、突然ぎゅっと抱きしめてきました。

ふんわりシャンプーの香りと汗のにおいがして、再びキス…と思ったら、舌が入ってきました。私も本能のままに応えました。

「これ以上したら本当に止まんなくなる!」っと言って、無理やり我慢しようとしている姿にまたきゅんとしてしまい…「やめなくても…いいよ…」と小声で言うと、びっくりした顔をした後優しく笑い、そっと抱きしめてくれました。


優しかった彼もこの辺りから急に!?!?

「正直めちゃくちゃ溜まってるんすよね。激しくて失神しないでくださいよ?」と、意地悪な顔をします。

返事を待たずディープキス。本当にとろけそうで頭がぼーっとしてしまいました。

Tシャツの上から胸を揉まれ、「いっつも水着姿見てるけど想像より柔らかいっすね」なーんて言われたら…濡れるのが自分でも分かりました。

近くにはサーファーさんたちも車泊しているので最小限の露出で、「お尻痛くない?座りなよ」と、彼の太ももにのり手まん。めっちゃ上手かったですね!(*^^*)

不安定な体制なのに軽くイキそうになりました。

彼のも触っていないのにもうパンパンでした。何日溜めてたのかな?


「あのさ、俺、エルシーラブコスメティックゴム持ってないから今日はここまでにしよ?」と…。

私は相当盛り上がっていたので「今日は大丈夫だから。外に出してくれれば大丈夫」

「本当に?ありがと。優しくすんね。」と言って、対面座位のような感じで…。

彼のがあそこに当たると、すごく熱くて…。

ずぷっと先っぽが入ると、「あぁっ…気持ちいっ」と、彼が顔を歪めました。

私も少しキツかったけどそれよりも嬉しくて、「んっ…はぁっ」と、声を出しながらも徐々に下へとおりていき、完全に彼と繋がりました。


「まりや先輩っ…俺たち繋がってますよ?」と言うもんだから、あそこがキュッとなってしまい、「先輩!そんなに締め付けられたら…!」なんて。

彼が感じているところを見られるのって、すごい幸福感ですよね。

「動くよ?」と言って、2人でゆっくり出し入れをくりかえし、「ごめん…先輩。俺もう出ちゃうよ…後ろ向いて」と。

私もそろそろ限界だったので指示に従い、お尻を見せると、彼はいきなりずぷっっと入れて、「っはぁ…っはぁ」と激しくピストンしてきました。

私はもう立っていられないほどで、ガクガクしながら、「ッんぁ…あっ…あっ」と喘いでいると、すぐに絶頂に達してしまいましたが、そのおかげか彼もその後、「うっやばい!」と言って、地面にいっぱいの精子を出しました。すごく濃くてドロドロでした…。


そのあとも週に一回くらい海辺でえっちしてました。みんなにばれないように…。

海の開放感と秘め事感で何回やっても刺激的でした。

そのあとすぐ別れてしまいましたが、ずっと思い出です。



エルシーラブコスメティック中出しできない人は…

まりやさん、ちょっとHな内緒話への書き込みありがとうございます。

後輩なのに、後背位じゃなくて、対面騎乗位ですかぁ〜!…と思ったら、やっぱり最後はバックで…(笑)。

海の開放感と秘め事感で、刺激的だったというのは、大いにわかりますね…。いいなぁ…(遠い眼w)。

久しぶりに編集中に2回もオナってしまいました!(爆)


From ちぇみー


ちぇみーのお薦め→女性もエルシーラブコスメティックコレを常備しましょう!(笑)



ちょっとHな体験投稿ちょっとHなちぇみーのお部屋



LINEとかのせいで、競争率が下がっているとか…!?