のんさんのH体験

居酒屋で年下男性にナンパされて


玄関 → HOME → ちょっとHな体験レポート → のんさんのH体験

ちぇみーさん、はじめまして。

バツイチでアラサーののんです。

私が離婚した原因は夫の浮気でした。浮気と言っても1度や2度じゃありません。

もう数え切れないぐらいです!(><)

流石に耐えきれなくなって別れることにしました。

離婚した当初はサバサバした気分でしたが、そのうち独り寝が寂しくなってしまいました。

正直、結婚はしばらく良いかなと思いましたが、ズバリ「Hの相手が欲しい!」状態に…(A^^;)

縛られるものは何も無いということで、ここぞとばかりに!?Jメール出会い系サイトにも登録してみましたが、いくらHの相手探しをしている私でも、あまりガツガツしている感じのメールばかりだと流石に引いてしまい、実際に会うというところまでは踏ん切れないでいたのですが、同じバツイチの友人、F美と行った居酒屋でナンパされてしまったのです。

今回は、その体験記を書いてみたので、読んでみてください。


F美は私より後に離婚して、まだシングルアゲインほやほやという感じでした。

F美の方は夫の浮気じゃなくて、彼のギャンブルによる借金が原因だということで、少しだけ未練を残しての離婚のようでした。

居酒屋で焼酎をロックで飲んでいたせいか、結構酔っていた私は、F美に「まだ未練があるの?他の男と寝て忘れちゃいなさいよ」などと、少々絡んでいました。

でも、F美に「あんたは誰か新しい人と付き合っているの?」と訊かれると、「正直…空き家なんだけどさ。でも、私の場合はもう別れた夫への未練なんか0だからね。あ〜!男が欲しい!」なんて、冗談っぽく言っていましたが、正直な話、欲求不満気味でした。


そんな話をしていると、隣の席にサラリーマン風の男性が2人座りました。しかも2人とも結構、イケメン!

つい、意識してチラチラ見ていると、「良かったら一緒に飲みません?」と誘って来ました。

内心「しめた!」と思いながらも、平静を装って、「F美、どうする?」と訊きました。

F美はと言うと、「そろそろ帰ろうかと思っていたんだけど…」などと言っています。

『F美の馬鹿!何を余計なことを!』と思った私は、「私もそう思ったんだけど、今日は土曜だし…」と、F美に有無を言わせないようにokしてしまいました。


歳を訊いたら、二人とも大学を出たての社会人一年生だとか…。

意外にスーツ姿が様になっていたのですが、かなり年下でした。

二人は、就職してから知り合った仲だということでしたが、気が合うので、よく二人で飲みに来るそうです。

年下ではありますが、雑学の知識もあり、ジョークも上手く、一緒に飲んでいて楽しい二人でした。

「のんさんって、剛力彩芽に似ているって言われません?」と、二人のうち、背の高い方のS君に言われたので、「髪を切ってから、よく言われるようになったけど…」と、答えました。

実際、私は自分ではそう思わないのですが、ショートにしてから、よく言われるのですが、「剛力彩芽って、美人顔じゃないから、ちょっと外すとブスよね…シクシク…」と泣き真似しながら言うと、S君が「全然、外してないじゃないですかぁ!俺、剛力彩芽ってタイプだし!可愛いと思いますよ!」と言いました。

「二人ともショートが似合いますよ…って、…まさか二人とも、失恋して髪を切ったとか?」と、もう一人のN君が言うと、F美が「失恋というか、バツイチなのよ、私たち」と。『F美め、余計なことを!(しかも、トシまでバラしているし…w)』


まぁ、今の段階でバツイチだからどうのということは無いので、そのまま楽しく飲んでいると、かなり酔ってしまいました。

私はテイクアウトされたい気分だったのですが、F美が余計な?心配をして、「のん、今日はかなり酔っているみたいだから、そろそろ帰ろう」と言い出しました。

『折角のチャンスなのに…』と思いましたが、彼らも「じゃあ、そろそろ…」と言い出したので、仕方無く帰ることにしました。

一応、携帯番号とメアドを交換したので、後日に期待して…。


翌日、S君からメールが来て、早くも「次の土曜日、また4人で飲みに行きましょう」とのこと。

デートのお誘いを期待していた私は少々がっかりしながらも、F美にそういうメールが来たことを電話で話すと、何とF美は既に今日、N君と会う約束をしているとのこと。

「どうせ一人で暇だし、断る理由も無かったんで…」だって…。

翌週の土曜日、F美と待ち合わせて彼らとの待ち合わせ場所に向かう途中、「実はね…」とF美から、日曜日に既に、Hしちゃったことを教えられました。

「そんなつもりは無かったんだけど…」って、そんなつもりが有ろうが無かろうが、やっちゃったことは同じじゃないか〜!と、ちょっと抜け駆けされた気分の私。


4人で会って、飲んでいる時も、先週と違って、F美とN君の間には何か、体の関係が有る男女の雰囲気が丸わかりでした。

S君の方はと言うと、知ってて知らぬふりをしているのか、鈍くて気付かないのか、ノー天気なジョークを言って、みんなを笑わせています。

ちょっとヤケ気味になった私は、麦焼酎オン・ザ・ロックを結構飲んでしまい、先週以上に酔っていました。

でも、今回はF美の方がそれ以上に飲んでいたのか、単に一度関係を結んだからなのか、私とS君の目の前でも露骨にイチャイチャした雰囲気を出しています。

しかし、S君の態度は相変わらずで、冗談を言っては、ビールを喉に流し込んでいます。

結構、酔っていた私が彼の太股の上にずっと手を置いていたにも関わらず…。


イチャイチャした感じのF美を見ていると、なんか羨ましい気分だった私は、酔っているせいもあって、段々、手を中心部にずらして行きました。

前の二人(S君と私が隣同士に座っていました)にわからないように、手の甲でそっとS君の股間をさすりました。

流石にそれと気付いたS君が、私を見て苦笑いをしました。

そして、彼の手も私の太股の上に…。

その手が少し中心部に動いただけなのに、私は自分のソコがじ〜んと熱くなる感じがしました。

『もっと触って欲しい…出来たら直接』

はっきり“発情”しちゃっている自分を感じました。

「酔ったね…もう出ようか?」

F美がそう言ったので、店を出ましたが、店を出た途端に、F美とN君はお互いの腰に手を回していました。

私もそれを見て、N君に腕を組みました。


その後、酔っていたので、どうしてなのかよくわかりませんが、二組で歩いているうちに、お互いはぐれてしまいました…と言うか、全員がはぐれたかったのでしょうね(笑)。

人気の無い通りに入ったところのビルの陰で、私は大胆にもS君に、「キスして…」とねだりました。

久しぶりの男性との濃厚なキス。しかも、かなり年下の独身男性。

まるで唇が性感帯にでもなったかのように感じました。

相手が年下だからという意識が有ったのか、私は積極的に彼の股間をまさぐり、ズボンの上から硬くなっているものをさすりました。

「欲しい…」

自然と露骨にそんな言葉が出ていました。

勿論、そのままラブホテルへ。


部屋に入った途端、自分の方から舌を絡めての濃厚なディープキス。

彼のワイシャツのボタンを外し、ズボンのベルトも外し、パンツの中に手を入れて、欲しかった彼のものを直接手で触りました。

彼の亀頭は既にヌルヌルになっていました。

「私のも脱がせて…」

そう言ってお互いが全裸になると、私の方が先に彼のものを口に含み、舌で愛撫しました。

彼の方はなすがままです。

私の方は殆ど愛撫されていないのに、アソコは熱く潤んでいました。

そのまま彼の上に跨がると、自ら彼のものを受け入れ、騎乗位で腰をくねらせました。

「アァ…イっ…イイ…」

私は驚くほどあっと言う間に頂上に達してしまっていました。


「もうイッちゃったの?」と彼。

「だって、久しぶりだったから…」と言った後、流石に恥ずかしくなって横を向いてしまうと、まだイッていなかった彼が、後ろから入れてきました。

「あ…」

再び快感が上昇してくる私。

彼が私の片足を持ち上げるようにして、「ほら、よく見えるよ…」と言うので、ベッドサイドの鏡を見ると、彼のものが出たり入ったりしているのが見えました。

「うわ…凄い…」

彼のものに私の濁った愛液がまとわりついているのが見えます。

恥ずかしくて思わず目を閉じると、却って快感を集中的に感じてしまい、イキそうに…。

「あ…イキそう…」と言うと、彼が「俺もイキそうだから、一緒に…」と言って、腰を動かします。

「あ…ダメ…イッちゃう!イッちゃう!…S君もイッて!イッて…アッ…」と、全身をガクガクさせながらイッてしまった私。

一呼吸遅れて彼も「うっ!」と言いながら、イッたみたいでした。


彼は若いだけあって、すぐ回復するので、その晩は何回したかわからないほど、セックスしまくりました。

やっぱり、セックスって良いナ〜としみじみ思ったH体験でした。

しばらくはS君とのセックスを楽しもうかと思っていますが、登録した出会い系サイトでも、ちょっと良さ気な人が居たので、こっちもチョット期待しちゃっています。

今まで浮気ばかりされていたので、今度は私も浮気しなくちゃ!(笑)

まぁ、S君とは恋人同士と言うより、セフレって感じなので、問題ないですよね?(笑)



ライブチャットマシェリH体験

のんさん、居酒屋で年下男性にナンパされてのH体験記ありがとうございました。

元ご主人に浮気ばかりされていたんだから、今度はのんさんが楽しむ番ですね。

全然問題有りません!じゃんじゃんあHを楽しんじゃいましょう!(^0^)v


From ちぇみー



男性が個人情報をある程度出さなければいけない分、ちょっと安心な女性向けサイトです。

 ↓



ちょっとHな体験投稿ちょっとHなちぇみーのお部屋