ローズさんのH体験

年下の彼氏がアナルで悶絶


玄関 → HOME → ちょっとHな体験レポート → ローズさんのH体験

はじめましてちぇみーさん。わたしは29歳の美容師で、ローズといいます。

今は、年下の普通のサラリーマンの男性と付き合っています。元々、お客さんだったんですけどね。

彼は年下のクセに結構、Hが上手で、私を何回もイカせてくれます。(私が感じやすいだけなのかな?w)

いつもは殆ど受身の私に、年下の彼が、「こうして」などと、フェラテクを要求することがあり、細かく指示?を出してくるので、私も以前の彼と付き合っている頃より、大分、フェラが巧くなったみたいです。

いつもは責められてばかりいる私が、彼の亀頭を舌で愛撫してあげると、彼が凄く気持ち良さそうな顔をして、「ローズ…上手になったね…」なんて言ってくれます。

嬉しくなって、そのまま騎乗位で責めると、もう駄目です…彼を感じさせようと思っているのに、自分の方が感じてしまい、夢中になって腰を動かしてしまい、あっという間にイッちゃうのです。


もっと彼を悶絶させちゃいたい!…と思うようになった私は、ネットで色々検索していたところ、ちぇみーさんのサイトを知り、中でも今アンケートをしている、男性のアナルへの愛撫に興味を持ちました。

アンケートも見ると、男性がアナルにして欲しいことは、「舐める」ことが1位ですよね。男性ってそうなのかなと思い、彼に直接訊いてみました。

すると、彼は「俺はソープやヘルスに行ったことがないから、されたことがないんだけど、友人で風俗好きの奴に言わせると、アナル舐めされるとかなり気持ち良いらしい」と言うのです。

「実は、俺も一度されてみたいと思っていたら、友人にヘルスに誘われているので、考えていた」などと言います。「素人の女はそこまでしてくれるのがなかなかいないからね」だって。

「それって、私にして欲しいってこと?」と訊くと、「ローズがしてくれるなら、金払って風俗に行く必要ないじゃん」と言います。

「じゃあ、私がしてあげなかったら風俗行くの?」と訊くと、「行ってみようかなと…何事も経験だからね」とニヤリと笑って言います。

「悔しい〜!」と言いつつ、彼の術中にはまる私…。


その日はしなかったのですが、その後、ちぇみーさんの講座を熟読した私は、次のHの時に、「今度こそ、いつも悶えされている彼へのリベンジ?を!」と燃えていました。

いつもなら、私が先に脱がされて愛撫されるのをこの日は、私が彼の服を脱がせ、彼の乳首やおへそを舐めた後、フェラチオ。

フェラの方は大分、上達した私なので、彼も気持ち良さそうです。

いつもなら、この後、シックスナインから騎乗位で攻め込む(笑)のですが、この日は彼に、「うつ伏せになって」と言い、お尻を少し持ち上げるように言いました。

最初はお尻のほっぺのところに舌を這わせ、徐々に核心部分に…。

そこに舌を這わせると、彼はビクンビクンと反応します。

「気持ち良いの?」と訊くと、「うん…でも、なんか変な感じで…」とか言っています。

構わず股の間から手を伸ばし、カチカチになっている彼のものを手で愛撫すると、「うっ、ううぅっ…」と変な声を上げる彼。

面白くなった私は、さらに舌をローリングさせるようにすると、彼は遂に、「あっ…あっ…」と、女の子みたいな声を上げ始めました。


予想以上の反応に驚きながらも、これだけで許す私ではありません(笑)。

用意しておいた ローションローションを彼のアナルの周りに塗りたくった後、マイ・オナニー用グッズのクリトリス刺激用ピンクローターを使って、アナルを責めちゃいました。

彼が女の子みたいに体をくねらせて悶えるのに、正直、びっくりしながらも、彼の下に潜り込んだ私は、下から彼のものをパックンコ。

フェラとアナルの同時攻撃に、彼は堪らず、私の口の中にドピュッ!と…(*_*)。

「どうだった?」って訊いたら、さっき声を上げて悶えたのが少し恥ずかしかったのか、はにかむような顔で、「うん…結構気持ち良かった…」だって。

いつもは年下のクセにちょっと生意気な彼が、この日は可愛く見えちゃいました。



ライブチャットマシェリ使用済みコンドーム

ローズさん、年下の彼氏をアナル舐めで悶絶させちゃったH体験記ありがとうございました。

「年下のクセにちょっと生意気な彼が、この日は可愛く見えちゃいました」って言うのが良いですね。

そう言えば、アンケートの回答が増えないなぁ…(TT)


From ちぇみー


オメコマーク

ちょっとHな体験投稿ちょっとHなちぇみーのお部屋