秘技・其の一

Finger Service

吸精鬼・マラキュラ教授

手コキ


 はじめまして。床技好学部性戯学科を受け持つ教授の吸精鬼・マラキュラでございます。
 ちぇみー閨房技術学淫(略して閨技淫)では、殿方の低向精力を阻止し、よりよいセックスを楽しむためには、女性の方も積極的に性局に参画する必要があると考え、多くの女性に積極的に閨房技術を学んで欲しいということで開講されました。
 秘技の筆頭にくるのは、なんと言っても「手」による性戯でございます。人間の体の中で、手の指ほど器用な部分は無いでしょう。折角のこの器用に動くものを使わない「手」はありません。たかが「手」、されど「手」でございます。手コキ上手は床技上手!(^^)でございます。
 重点攻撃ポイントは、勿論ペニス!…ですが、それだけではイケマセン。また、ペニスと言ってもペニスのどの部分をどのように愛撫するかも大切でございます。

 殆どの男性が最も性感を感じる部分はペニスの中でも、亀頭周辺だそうでございます。でも、いきなりそこへ行くのでは芸がない…というか、女性だって、いきなりクリトリスを触られるよりも徐々に核心に近づいてくる方がいいはずでございます。

 では、実技の講習に移らせて頂きます。
 睾丸、つまりタマタマは、本来、ペニスほどの性感を有しているわけではないそうですが、優しく愛撫されると、意外に気持ちが良いようでございます。
 男性の急所というだけあって、ここを触わられることによる精神的不安感もあるそうですが、逆に信頼できる相手に身を任せて優しく愛撫されると、とても和んだ気分にさせられるそうでございます。
 そういう部分なので、できるだけソフトにタッチすることがコツでございます。この部分への愛撫は、ベッドよりもお風呂でしてあげた方がいいかもしれません。
 お風呂で洗いっこなどはいかがでしょう?その際には是非、 ローションの使用をお奨め致します。
 さりげなくボディシャンプーなどに混ぜて、そーっと洗ってあげると、最初はくすぐったがりますが、徐々に快感に変わっていくはずでございます。
 「くすぐったい」などと言われても許してはイケマセン!
 キスなどをしながらムードを高めて行けば、必ず感じてきてペニスに硬化膨張反応が現れます。ペニスに硬化膨張反応が現れたら(現れなくても)、両手でペニスとタマタマを同時に責めてしまいましょう!
 ソープランドのようにスケベ椅子と呼ばれる凹型の椅子があれば、そこから蟻の戸渡り(タマの付け根とアナルの間の部分=医学的にはペニスの一部)、 アナルへと愛撫してさしあげると殿方を悶絶の入り口へと誘うことができますわ。
 スケベ椅子を用意しているご家庭は少ないでしょうし、物心がついたお子様がいる家庭ではそのようなものを常備しておくのは難しいでしょう。そうでなくてもお客様が泊まりに来た時などに、
 「なんじゃこりゃ〜!(◎0◎;)!!この家はソープランドだったのかっ!」などとなっては気まずいですし。
 まぁ、タクでは、平気でラメ入りのスケベ椅子を常備していますが…オーッホッホッホ!!
 …あ、イヤ、コホン(・m・;)…少しコーフンし過ぎて、本題から外れましたが、蟻の戸渡りとアナルへの愛撫がしたい場合は、お互いに立ったまま愛撫し合うといいでしょう。
 この辺になると殿方は、自分が積極的に何か仕掛けて来る場合が多いですが、このままそのペースに乗って挿入などまで突き進んではいけません。
 奥様方の中にはよく、「主人の前戯が足りない」とか、「もっと愛撫して欲しい」という方がいらっしゃいますが、それにはまず、自らが模範になって、「挿入とピストン運動だけがSEXではない」ことをご主人様を初めとする殿方にお教えして差し上げなければなりません。
 これは、婦人参政権を得て、男女平等になった時に憲法第69条に書かれて…なんか、いませんが。
 ねっとりとした愛撫をして差し上げ、お風呂場などでは焦らして、次の行為に移らずにベッドへ行けば、殿方も激しい愛撫で貴女を恍惚の世界へと導いて下さることでしょう。

 では、次に肝心な“御本尊様”への愛撫でございます。
 究極的に男性の性感帯は亀頭周辺に限られています。
 しかし、一番感じる部分だけを集中的に愛撫すると、意外にも性感はダウンする場合がございます。
 図1のようにタマタマを愛撫しながら、優しくペニス全体を愛撫するといいでしょう。
 ここで注目すべきは、図1の親指の微妙な動きでございます。さりげなく、殿方の最も感じる部分、亀頭の裏側の付け根部分を刺激していることに気づかねばなりません。
 ローションを使いながら、この指使いをされたら大概の殿方は悶絶するに違いありませんが、 ローションが無い場合には、先走り液、つまりクーパー氏線液(ゲーリー・クーパーが発見…ではない)をなすりつけたり、唾液をつける手もございます。
 これらが無理な場合は、亀頭部分を特にソフトタッチにすることが必要でございます。
 ペニスの根本は大丈夫ですが、亀頭部分は粘膜なので、あまり乾いた状態で強く愛撫をすると摩擦熱で亀頭表面の温度が310K(ケルビン)以上にまで達してしまうことがあるので気をつけなければなりません。
 殿方のペニスをより一層元気にするためには、呪文を唱えながら愛撫するとよろしいかと存知ます。
 呪文は、図1の画像上にマウスポインタを置くとわかるでしょう。(IE限定!?)
 以上をもちまして、本日の講義を終了させていただきます。
 それでは、楽しいセックスを。Have a good maiking love time!

(∋_∈)コレ書くの苦労したー!(爆)

キノコ、ノコノコ元気のコ♪
図1 手指による愛撫



其の二へ